我が家のネット環境はフレッツ光と光テレビだった

 

私は都内で1戸建てに住む40代の男性です。
31才の時に持ち家をローンで購入した時にインターネットはBフレッツを入れました。その後、アナログ放送が終了する手前の2011年半ばに地デジ対応のためにフレッツの光TVを契約しました。

 

光回線の訪問(電話)営業は、地デジ切り替えの時がいちばん多かったですが、それ以降もJ:COMやau光の訪問営業が自宅に定期的に来ており、一度J:COMの営業マンの話を休日に聞いたこともありました。営業マンいわく、家の外の電線から自宅に入っている線を見ると我が家がフレッツ光を利用していることがわかるそうです。

 

ただ、その当時はJ:COMと契約すると、月々の料金が今とほとんど変わらず、地デジ+ケーブルテレビが見られるという事で心が動いたのですが、既に地デジ対応も済んでいましたし、フレッツの解約やJ:COMの工事が面倒で、フレッツ光のネット環境に不満がなかったのでお断りしました。

 

 

NURO光を検討したきっかけ

 

きっかけはプロバイダのソネット(実は別の会社でしたが・・)から「今使っているフレッツ光の設備変更をするとスピードが速くなり、料金も安くなるのでお伺いします。尽きましてはご都合がいい日はいつでしょうか?」みたいな電話がかかってきたと妻から聞いたことでした。

 

設備変更をしてスピードが速くなるのはわかるのですが、料金まで安くなるものなのかな?と半信半疑でしたので、色々下調べをしてから折り返しの電話を入れてみたところ、NURO光という別サービスでフレッツ光は解約しなきゃいけない上にソネットとは別の会社からの営業電話だったことが判明しました。

 

当然、ソネットを名乗り設備変更名目で別の光回線の契約を取りに来たその会社は信用できませんのでそことは契約しなかったのですが、NURO光というサービス自体には魅力を感じました。

 

本来は今のBフレッツで不自由は全くなかったのですが、高校生にになる息子が「オンラインゲームのダウンロードに時間がかかるから今よりネットが速くなればうれしい」と言っていたのを覚えていましたし、家族のスマホがソフトバンクだったため毎月のネット料金がトータルでかなり落とせそうだったからです。

 

 

NURO光を申し込む前に私が確認した6項目

 

フレッツ光を解約してNURO光に乗り換える事で料金面等でメリットが出ることは、NURO光のホームページを見てわかっていました。ただ、フレッツ光を解約する時に不都合な点が出ないかとの不安がありましたので気になる点をリストアップしてNURO光の営業マンに問い合わせました。

 

問い合わせた点は以下の通り、我が家での優先順位が高い順に箇条書きしてみました。私と同じフレッツユーザーやauの光回線から乗り換える人にも参考になるかと思います。

 

1、地デジをどうするか
2、電話番号は今のままで使えるのか
3、NURO光に乗り換える事で生じるデメリット
4、実際いくら料金が安くなるのか
5、NURO光をどこから申し込むとコスパが良くなるのか
6、NURO光を解約する方法

 

 

1、地デジをどうするか

 

我が家は月額1000円くらいを払って光テレビで地デジ対応をしていましが、フレッツ光を解約すると光テレビも自動で解約になります。現状、地デジ対策ができる方法は以下の3つしかないとの事でした。

 

1、フレッツ光の光テレビ
2、地デジ専用アンテナを建てる
3、ケーブルテレビ(J:COMなど)と契約

 

そうなると地デジ用のアンテナ(UHFアンテナ)を立てなくてはいけないらしいのですが、長い付き合いの近所の電気屋に聞いたところ我が家は既にUHFのアンテナが立っているからその方向を変得るなど微調整と、簡単な工事で済み値段にして1万円かからなかったです。

 

今後も光テレビに毎月1000円をずっと払い続けることを考えると、1万円1回でその後月額料金がかからないのは悪い話ではないと個人的には思いました。

 

 

2、電話番号は今のままで使えるのか

 

我が家はNTTアナログ時代からの電話番号を使っていたため、NURO光の電話に切り替えた後も電話番号は変わらないとの事でここは一安心でした。

 

また、今後NURO光を解約して他の電話サービスを使う時も今利用している電話番号をそのまま使えるが、NURO光を解約(NURO光の電話契約終了)前にいったん電話番号をNTTに戻す作業が必要でそれに2,000円かかるとの事でした。

 

フレッツ光のひかり電話を契約時に電話番号を新規で作った(光発番の)場合は手続きが違うようですので別途問い合わせてみて下さい。

 

 

3、NURO光に乗り換える事で生じるデメリット

 

デメリットに関してはNURO光に問い合わせても、こちらから調べなければ積極的には話してくれないと思い下調べとしてインターネットでの評判口コミや、質問サイトなどを参考に調べました。調べていく中で特に参考になったのが以下の2つのページです。

 

1、NURO光 4つの悪い評判と実際に契約してみての感想


 

NURO光 4つの悪い評判と実際に契約してみての感想

 

インターネットマニア風のNURO光を利用中の方が、NURO光の悪い評判を集めそれに対して評価やコメントを入れているサイトのようです。

 

少々長いですが、NUROの実際に出るスピードの検証や、インターネットのスピードに関する考え方は参考になりました。その他、プロバイダと代理店の関係、代理店を利用した時のトラブル事例、トラブルを避けるためにすべき事などが書かれておりインターネット契約に慣れていない人や、慎重派の人には役に立ちそうです。

 

 

2、【ご注意】NURO 光コースご利用中の会員さまへ インターネット入会勧誘トラブルについて


 

n

 

こちらはNURO光の公式サイトの中から見つけてきた強引な営業手法に対する警告ページです。

 

このページはNURO光(ソネット)以外の業者による勧誘、虚偽の説明によるトラブル事例を6つ取り上げています。上で紹介したページと併せて読めば、NURO光を契約する前に注意すべきことが一通りわかります。

 

その他に価格コムのNURO光レビューやAmazonでもNURO光が契約できるらしくレビューが載っていましたのでその辺りも参考になると思います。